京都嵐山 オートクチュール刺繍 リュネビル刺繍

52歳にしてフランス語を習う第一歩。その1

eques-rei
WRITER
 
フランス語のノート
この記事を書いている人 - WRITER -
eques-rei
京都嵐山でオートクチュール刺繍、コスチュームジュエリーをデザインしています。 リュネビル刺繍にはまり、52歳にして初めてのフランス超短期留学を体験致しました。それに伴い、初めてのフランス語にも挑戦しています。英語もやり直し。 出来ない理由を探す前に色々な事に挑戦していきます。 そんな生活を綴っていきます。
詳しいプロフィールはこちら
フランス語のノート

初めてのレッスンのノート

  1.  自分に合ったフランス語の基盤になる学習方法を考えてみた
  2. ちょっと寄り道 公文のフランス語
  3. オンラインスクールをわがままな条件で調べてみる
  4. 基盤になる学習方法のまとめ

1 自分に合ったフランス語の学習方法を考えてみた

リュネヴィル刺繍を習いにフランスへ行くと決めて準備を始めた傍ら、難関のフランス語に着手しました。
英語もまともに覚えていない有様なのに、しかも語学は苦手なのに。。。

とか、四の五の言ってられません。
フランス語をまずどうやって勉強しようかと考えました。

1:独学

2:スクールへ通う

3:オンライン会話を利用する

ざっとこういった選択肢ですね。

それぞれに合う学習法を選ぶのが継続の秘訣です。
聞き流せば~とかの選択肢はないと思っています。
語学学習は積み重ねです。聞いて、文字を見て、意味が解り、言葉として口から出さないと身につかないのは知っています。
そんなに簡単に習得できるものではないです。

だからといって、何かの罰ゲームみたいにつまんない暗記を繰り返しても話せる事はないです。
もちろん、習ったから話せる事もないです。
受験式の学習法は会話について特に意味がない事を身をもって知っています。
英語を学生の頃にあれだけ勉強して喋れません。
文章は読めるけど、聞き取りも多少できるけど、口から言葉がでません。

これが受験学習の成果です。これから学ぶにあたり、この理不尽な現象だけは避けたいですね。
語学習得は道のりは長いかもしれないけど、楽しく要領よくやりたいです。

さて、色々なパターンありますが、1の独学は相当の根気の持ち主でないと無理でしょう。
自分との闘いですね。
わたくしには・・・この選択肢はないです。
追い込まれないとできないタイプ(´;ω;`)ウッ…

2のスクールを検討。

大手の会話教室に片っ端から資料を取り寄せてみました。
結論、個人レッスンが高い!
一か月は安くてもまとめて支払いで3万~上限なく・・・
グループレッスンも高い!
こんな受講料、3か月分でパリへの飛行機代がふつーにでますって!!

また、グループレッスンは性格に左右されます。
協調性のない私はグループレッスンは苦手です。
何もしゃべらないまま帰る可能性が大。
以前英会話のグループレッスンを受けましたが、質問が自分の番になるのが恐ろしくて、、、
お金払って怖い想いするならやめよう、とやめた次第です。

何が怖いって、失敗が怖いんです。間違えたら恥ずかしいとか。
誰も見てない解っていても自意識過剰の悪い癖がでます。。
私のような社交性に問題のある方はグループレッスンは避けましょう。

通学となると時間も拘束されますし、行き帰りの時間が非常にもったいない!
予算と性格上の都合で却下しました。

2 ちょっと寄り道 公文のフランス語

番外編で、公文のフランス語学習法を聞いてちょっと体験してみました。
あの公文にフランス語のコースがあるのです。ご存知でした?

申し込みをするとCDとテキストが配布され、毎日繰り返しテキストをこなしていきます。
子供用のシャンソンのCDを渡されて聞いていました。(正直おばさんには子供すぎてきつい。。。)
1週間したくらいに担当の先生からご連絡があり、電話で発音練習の確認

プリントの進み具合が遅いとの指摘をいただき、と、ここで、主旨の違いに気づきました。

公文フランス語の最終目標は「本が問題なくすらすらと読める。」

( ;∀;)この切羽詰まった状況で本を読むスキルは要らないんです。
現地での生活、先生とのやり取り、会話が必要なのであって、読解力は今必要ないのです。
有ればなお良しですけどね!そんな余裕、いまのわたしに要りません~( ノД`)シクシク…

あと、毎回ある程度のプリントをこなしたら、テスト回答を先生に送って採点してもらい、進捗状況を確認してまた新しい教材を送ってもらう。

これもすこぶるめんどくさ~い(;´∀`)!!!

ずぼらの私には無理です。独学に近いものがあり、本当に、自分を戒めていける人じゃないと。
きちんとした人は沢山の勉強の選択肢があり、羨ましい限り。

そして、とても親切だった公文にさよならを告げる事に。

公文が悪い訳でなく、私の根性がないのが原因で退会しました。
中途での退会でしたので、払いすぎた月謝は返金してもらえました。
親切です。公文さんごめんなさい。。。

じっくりと通信で自分と向かい合うストイックな人向けです。
公文らしく、毎日同じことを繰り返させられます。
来る日も来る日もちょっと前に出た単語の読み書き。繰り返し。繰り返し。繰り返し。
Bonjour!からプリントをこなして最終はフランス文学を読むまでの道のりです。

これぞ公文ですね!
ちなみに月謝は月10,000円弱かかります。

という事で、残る選択肢は

3:オンライン会話を利用する。

でした。

3 オンラインスクールをわがままな条件で調べてみる

早速オンラインで習えるフランス語のサイトを片っ端からピックアップ。
ピックアップ条件は

●レッスン単価が安い
●登録している先生が多い
●こちらの要望に応えてもらうためにカリキュラムが自由
●日本時間に対応する先生が多い
●運営サイトのフォローが手厚い

以上を条件に調べてみました。
とはいっても英語のオンラインレッスンに比べてフランス語は圧倒的に少ないです。
大手の語学学校のオンラインも調べたのですが、レッスン料一括で数万から数十万。
おまけのビデオ講座で数万とかでした。

正直、受講料をまとまって払うのが主婦にはつらい・・・。
そして、日程を気軽に変更できない所は却下です。
仕事をもっているし、家族の事で不測の事態がありますから。

また、すごくリーズナブルなレッスンを提供している所もありました。

「フランティア」というオンラインスクールです。
一か月の毎日学習プランで25分・2,700円~!
36日間有効のチケットを購入するシステムです。
月4回で2,700円、8回で5,000円。
1レッスン675円・・・。

体験を申し込む前に気づいたのは、全先生が日本語対応をしていませんでした。
ほとんどがチュニジアの先生なので安価です。

ここはお気に入りに入れておいて、基礎を習ってから来ようと思います。
ボンジュールしか知らない私にはハードルが高すぎます。
フランス語が解らない生徒にフランス語でどういった説明をしていくのか、非常に興味はありますが、今回は見送りました。
ある程度話せる人なら毎日フランス語にふれられるのは良いですね。

あと、フランス語のなまりもちょっと気になります。
私が仕事先で知り合った中国人の通訳さんはものすごい関西弁でした。。。
社長にも「そんなことないやん♪」と言ってた・・・
誰が彼女に日本語の関西弁を教えたんだろうと思ったのを思い出します。

フランス語を教えているスクールは英語に比べると本当に少ないです。
ですが少ないなりに自分の条件にある程度は会うところを見つけないといけません。
語学は最初が肝心です。
つまらないと思えばもう地獄の道のりになりますから。

4 基盤になる学習方法のまとめ

あれこれと我がままを言ってますが、習う手段はオンラインスクールに決めました。
色々なスクールのレッスン条件を調べたところ、

私が希望する条件

●レッスン単価が安い
●登録している先生が多い
●こちらの要望に応えてもらうためにカリキュラムが自由
●日本時間に対応する先生が多い
●運営サイトのフォローが手厚い

これらにあてはまったオンラインスクールは下記の2サイトです。

アンサンブルフランセ・・・フランス語のオンラインスクールでは大手になるのでしょうか。
自分に合うコースの月払いです。
教材、サイト運営共に充実しています。

カフェトーク・・・個人の先生との契約になります。
一回ずつレッスン料を払い受講します。
支払いはカフェトークのポイントを購入して先生とスケジュールを合わせて予約します。
先生によってコース内容は様々、レッスン時間、料金も先生次第です。

 

次回から順番に体験を受けて感想をお伝え致します。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
eques-rei
京都嵐山でオートクチュール刺繍、コスチュームジュエリーをデザインしています。 リュネビル刺繍にはまり、52歳にして初めてのフランス超短期留学を体験致しました。それに伴い、初めてのフランス語にも挑戦しています。英語もやり直し。 出来ない理由を探す前に色々な事に挑戦していきます。 そんな生活を綴っていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リュネビル刺繍と50代からの留学 , 2020 All Rights Reserved.